クラミジアなび

クラビットの特徴と安く購入できるジェネリックを紹介!

クラビリン

こんにちは、三度の飯より風俗が好きで、元風俗の店長まで上り詰めた中田です。
クラミジアにかかった時に管理人が使ったことのあるお薬として、クラビリンがあります。

クラビリン自体は比較的最近話を聞くようになったお薬で、クラビットのジェネリックです。
クラビリンは日本人が監修についているということで安心して使っています。

ここではクラビットの特徴と安く購入できるジェネリックを紹介していきます。

クラビット(レボフロキサシン)とは

クラビットとは、有効成分にレボフロキサシンを含んでいる細菌感染症の治療薬です。
クラミジアの治療にも有効ですが、淋病などの性感染症の治療にも用いられています。

レボフロキサシンは経口投与だけでなく、静注や点眼剤でも使用されています。

効果 特徴

クラビットの特徴は様々な細菌感染症の治療ができるという点です。
有効成分レボフロキサシンはニューキノロン系の抗生物質です。
クラミジアや淋病などの性感染症に対しての効果がありますが、肺炎や急性細菌性副鼻腔炎などの治療にも使用されます。
妊娠中の女性は使用することができません。

主な効果としては、細菌の複製を阻害することで、細菌を消滅し抗菌などの効果を発揮します。
また、クラミジアの早期に使用することで、症状の悪化を抑えることができます。

副作用

クラビットにも副作用があります。
これはお薬を使用することで、主となる作用とは別に作用してしまうことで起こります。
主な副作用は

  • 不眠
  • めまい
  • 悪心
  • 嘔吐
  • 下痢

などがあります。
これらは頻度不明となっているため、必ず起こるものではありませんが、副作用としてお薬の服用後に現れることもあります。

また、重篤な副作用というものもあります。
これは起こってしまうと命の危険性にも関わるものなので注意して下さい。

  • ショック、アナフィラキシー
  • 劇症肝炎、肝機能障害
  • 低血糖
  • 過敏性血管炎

これらの症状が起こった場合には、十分な観察と適切な処置が必要となります。
そのため少しでも疑わしい症状が現れた場合には注意して下さい。

飲み方 よくある失敗

クラミジアの場合、クラビットは1回500mgを服用して下さい。
1日1回の服用を最低7日間続けて下さい。
7日~14日の服用とされていますが、14日間服用することを推奨します。
これは再発を防止するためにも、14日間飲み切るようにして下さい。
毎日一定の時間に水かぬるま湯で服用して下さい。

クラビットのよくある失敗談は、飲み忘れをしてしまったということです。
血中濃度を一定にし、14日間服用することでクラミジアの治療をすることができます。
しかし、途中で飲み忘れてしまうと効果がなく、再発の恐れもあります。
できるだけ忘れないためにも、アラームをかけておく、毎日必ず行うことと一緒に服用するなどしておきましょう。

併用禁忌・注意

クラビットには併用注意薬があります。
これは一緒に服用してしまうことで、薬の効果を相互に増減させてしまう可能性のあるお薬のことを指します。

  • フェニル酢酸系抗炎症薬、プロピオン酸系抗炎症薬
    非ステロイド系抗炎症剤に含まれています。
  • 制酸薬、鉄剤
    アルミニウムやマグネシウムが含まれている胃腸薬や貧血の治療薬に含まれています。
  • ワルファリン
    血栓塞栓症の治療薬に含まれています。
  • デラマニド
    多剤耐性肺結核の治療薬に含まれています。

まとめ

クラビリン

クラビットはクラミジアや淋病などの性感染症に効果のあるお薬です。
性感染症だけではなく、細菌感染症などの治療にも用いられています。

妊娠中の女性には使用することができないので注意して下さい。
7日~14日飲み続けることで効果を発揮するお薬となるため、飲み忘れがないようにして下さい。

クラビットのジェネリックであるクラビリンを使用することで、より薬代を抑えて治療することができます。
他の抗生物質でアレルギー反応が出てしまった方でも安心して使用することができます。

TOPへ
戻る