クラミジアなび

クラリスの特徴と安く購入できるジェネリックを紹介!

ゾクラー

ゾクラ― あんまり種類ないし、昔からあるから使ってるよ

こんにちは、三度の飯より風俗が好きで、元風俗の店長まで上り詰めた中田です。
クラミジアにかかった時に管理人が使ったことのあるお薬として、ゾクラ―があります。

クラリスのジェネリックはあまり種類がありません。
ゾクラ―は昔からある薬なので、若い頃から使用しています。

ここではクラリスの特徴と安く購入できるジェネリックを紹介していきます。

クラリス(クラリスロマイシン)とは

クラリスは有効成分にクラリスロマイシンを含んでいるお薬です。
性感染症の治療のほかにも、咽頭塩、扁桃炎、肺炎、皮膚感染症などの治療にも使用されています。

1970年から販売されていることから、クラミジア治療薬の中でも長い歴史を持っています。

効果 特徴

クラリスの特徴は、昔から使用されている抗生物質であるということです。
マクロライド系のお薬で、クラミジアの第一選択治療薬としても使用されてきました。

主な効果はタンパク質の合成を阻害することで病原菌の増殖を抑えることができます。
これによって、クラミジアの感染源である病原菌を殺菌します。
クラミジアの治療に用いられる他、咽頭炎や扁桃炎、肺炎、皮膚感染症などの治療にも用いられています。

副作用

クラリスには副作用が起こることもあります。
副作用自体は頻度が不明なため、必ず起こるとは限りませんが、下記の副作用が起こる可能性があるということを理解しておいて下さい。

  • めまい
  • 頭痛
  • 悪心
  • 倦怠感
  • 嘔吐

主にこれらの症状が起こる場合があります。
薬の主な効果とは別に作用することで副作用は起こりますが、さほど気にすることはありません。
しかし、副作用が強すぎる、長引く場合には病院に受診して下さい。

上記の副作用以外に、重篤な副作用というものも存在します。
これらは稀に起こるものですが、異常がみられた場合には使用を中止して下さい。

  • ショック、アナフィラキシー
  • 痙攣
  • 心室頻拍
  • 出血性大腸炎

これらは一部ですが、症状が現れた場合には使用を中止し、速やかに医師に相談して下さい。

飲み方 よくある失敗

1日400mgを2回に分けて服用して下さい。
年齢や症状によって自分に合った服用量を設定してください。
水かぬるま湯で服用するようにして下さい。
上記の飲み方はクラミジアに対してのものです。
その他の症状に使用する場合は、飲み方が異なるので、注意して下さい。

クラリスのよくある失敗としては、用量を間違えてしまうということがあります。
1日に400mgとなるので、1回は200mgが分かりやすいと思いますが、1回に400mgを服用しその後また400mgを服用してしまうことで、1日量が800mgになってしまうというものです。
記載の仕方が間違いやすくなっていますが、1日400mgとなるため1日量を超える服用をしないようにして下さい。

併用禁忌・注意

クラリスは多くのお薬との飲み合わせが悪いお薬となっています。
併用禁忌や併用注意などがあるため、日常的にお薬を服用している方は注意して下さい。

併用禁忌

  • ピモジド
    統合失調症の治療薬に含まれています。
  • タダラフィル
    ED治療薬に含まれています。
  • スボレキサント
    睡眠薬に含まれています。
  • ロミタピドメシル酸塩
    高コレステロール血症の治療薬に含まれています。

併用注意

  • ジゴキシン
    うっ血性心不全の治療薬に含まれています。
  • スルホニル尿素系血糖降下剤
    糖尿病の治療薬に含まれています。
  • イトラコナゾール
    カンジダ症の治療薬に含まれています。
  • 抗凝固剤

まとめ

ゾクラー

クラリスは昔から使用されているクラミジアの治療薬です。
クラミジアだけでなく、咽頭炎や扁桃炎、肺炎などの多くの治療にも用いられています。
他のお薬でのアレルギー反応がある方でも使用することができます

ゾクラ―というジェネリックを使用することで、コスを抑えて治療することができます。
ジェネリックでも効果はクラリスと同等となるため、効果が落ちるということはありません。
また、比較的に副作用を抑えて使用することのできるお薬となるため、副作用の心配がある方にはオススメです。

TOPへ
戻る