クラミジアなび

クラミジアの治療薬はネットで安く購入!

こんにちは、三度の飯より風俗が好きで、風俗の店長まで上り詰めたバンジー中田です。

年号が令和で変わるタイミングと同じ時期に風俗も引退して、現在は営業の仕事の傍らこのサイトの運営をしています。

私自身多くの風俗に通っていましたが、一番頭を抱えたのがそう「性病」です。
風俗に通っている方はご存知だと思いますが、性病のクラミジア、徹底していても知らない間に感染しているんですよね。

  • 毎回性病専門の病院へ行くのも面倒くさいし…
  • 妻や彼女にばれても困る…
  • 金銭的にも問題がある…

こんな悩みを実は、いとも簡単に解決することができます!!

そうそれは、クラミジアの治療薬を通販で購入するということです。

実は、ネットで簡単にクラミジア治療薬は安く購入することができます。

このサイトでは、ネットの通販で安く購入できるクラミジアの治療薬についてご紹介していきます。

クラミジア治療薬の種類

クラミジアなどの性病の治療薬は病院で処方してもらうことができますが、冒頭で説明した通りネットの通販でも購入することもできます。

ネットの通販でクラミジアの治療薬って購入できるの?と疑問思う方に簡単にご説明すると、 海外から、個人で使用する場合に限り、申請無しに海外の医薬品を輸入することができます。

詳しくはこちらのページ

下記ではネットの通販で購入できるクラミジア治療薬をご紹介していきます。

アジスロマイシン

アジスロマイシン

ジスロマック

ジスロマック

ジスロマックは有効成分アジスロマイシンを主成分とした抗生物質で、主にクラミジア感染症やその他にも皮膚感染症、細菌感染症、歯周組織円、肺炎などの治療薬として幅広く使用されています。
先発薬として、世界でも最大手の製薬会社ファイザー社が販売、製造を手掛けています。

ジスロマックの有効成分アジスロマイシンは、マクロライド系の構成物質で、別名タンパク合成阻害薬とも言われています。
細菌が増殖するのに必要なタンパク質を阻害することにより、最終的に細菌を殺菌へ導いてくれます。
体内の吸収率が非常に高く、1日1回×3日服用するだけで、その効果が7日間から14日間も継続し、従来の薬と同じ効果を得ることができるのです。

分かりやすく説明すると、服用回数が同じ効果を得ることができる薬に比べて少なく済みます。
これにより、薬の飲み忘れを防ぐことができ、さらに薬を飲むことが苦手な人でも無理なく服用することができます。

ジスロマックはクラミジアの治療薬として第一選択される場合が多くなっています。
ただジスロマックは薬価の高い治療薬としても知られているのです。

ジスロマックですが、お薬通販サイト「お薬なび」では
アジスロマイシン250㎎1錠最安値472円~販売されています。

主なジェネリック

クラミジアの治療薬の第一選択として扱われているジスロマックですが、ジェネリック医薬品も多数開発、販売されています。
ジェネリックは先発薬と同じ有効成のため、同じ効果や効能です。
しかし、先発薬であるジスロマックに比べて、安価な値段で販売されており、非常にお求めやすくなっています。
通販で購入できるジスロマックの主なジェネリック医薬品をご紹介します。

ジスリン

ジスリン

ジスリンはインドの製薬会社、レクメズ社が開発販売しているジスロマックのジェネリック医薬品です。
レクメズ社はジェネリック医薬品に特化した製薬会社です。ジスリンのパッケージは日本語デザインで、ジスリン自体日本人向けに開発されているため安心して使用することができます。

ジスリンにはアジスロマイシンの含有量が250㎎、500㎎、1000㎎と3種類あり、その用途によって使い分けることができます。

「お薬なび」での最安値価格では

  • 250㎎で1錠あたり253円
  • 500㎎で1錠あたり560円
  • 1000㎎で1錠あたり580円

上記の値段で販売されています。

先発薬であるジスロマックと比べて非常にお買い得で、
1000㎎をピルカッターなどで半分にして使用するとさらに大変お得に使用することができます。

アジー

アジー

アジーはインドの製薬会社シプラ社が開発販売しているジスロマックのジェネリック医薬品です。
シプラ社はインドの製薬会社の中でも大手の製薬会社で、ジェネリック医薬品に特化しており、アジーはジスロマックのジェネリック医薬品の中でも非常に知名度が高いものとなっています。

アジーはアジスロマイシンの含有量が250㎎、500㎎、1000㎎と3種類あり、ジスリンと同じようにクラミジアなどその用途によって使い分けることができます。

「お薬なび」での最安値価格では

  • 250㎎で1錠あたり255円
  • 500㎎で1錠あたり566円
  • 1000㎎で1錠あたり585円

上記の値段で販売されています。

やはり先発薬に比べて大変お得になっています。

アジードライシロップ

アジードライシロップ

アジードライシロップは、アジーと同様インドの大手製薬会社シプラ社が開発、販売しているジスロマックのジェネリック医薬品です。
アジーとアジードライシロップの違う点は錠剤かシロップかという点です。

シロップタイプであれば、錠剤が飲みにくい方などでも服用することができます。
さらに錠剤に比べて、服用してから成分が吸収されるのが早く、血中濃度へ達する時間に対しても効率的になります。
錠剤が苦手な方や、すぐ効果を得たい方にピッタリなジスロマックのジェネリック医薬品です。

アジードライシロップはアジスロマイシンの含有量が200㎎の商品が販売されています。

「お薬なび」での最安値価格は

  • 200㎎で1本あたり433円

上記の値段で販売されています。

レボフロキサシン

クラビット

クラビット

クラビットは有効成分、レボフロキサシンを主成分とした抗菌薬です。
日本の大手製薬会社である第一三共株式会社が開発、販売しており、レボフロキサシンの先発薬です。
クラミジアをはじめ、淋病、マイコプラズマ肺炎、皮膚感染症、外耳炎、副鼻腔炎、膀胱炎、呼吸器の病気の二次感染予防など様々な細菌に対する感染症の治療薬として活躍しています。

クラビットの有効成分レボフロキサシンは、ニューキロノン系に分類されており、従来の抗菌薬に比べて、非常に抗菌力が強くなっています。そのため、様々な細菌による感染症の治療に有効的で、多くの診療科で扱われています。
細菌が増殖するにはDNAを複製することによって起こりますが、レボフロキサシンは、DNAが増殖するのを防いでくれるため、増殖できなかった最近は死滅し、殺菌することができます。

クラビットを服用する場合、1日最大量を500㎎とし、7日間~14日間服用を継続します。
服用を開始し、自己判断で服用を辞めてしまうと耐性菌ができる場合がありますので、必ず決められた用量、そして用法で服用してください。

クラビットですが、お薬通販サイト「お薬なび」では
レボフロキサシン250㎎1錠最安値300円~販売されています。

主なジェネリック

クラミジアをはじめとした、様々な細菌の感染症で使用されているクラビットですが、ジェネリック医薬品も多数開発、販売されています。

通販で購入できるクラビットの主なジェネリック医薬品をご紹介します。

クラビリン

クラビリン

クラビリンはインドの製薬会社、レクメズ社が開発、販売しているクラビットのジェネリック医薬品です。
インドの製薬会社ながら、日本人向けのパッケージで、日本語で明記してあるため安心して購入することができます。

クラビリンはレボフロキサシンの含有量が250㎎、500㎎と2種類あります。クラミジアや淋病などその感染症によって使い分けることができます。

「お薬なび」での最安値価格(1錠)では

  • 250㎎で1錠あたり85円
  • 500㎎で1錠あたり162円

上記の値段で販売されています。

やはり先発薬であるクラビットに比べて大変お得になっています。

LQUIN

LQUIN

LQUINはインドの製薬会社、シプラ社が開発、販売しているクラビットのジェネリック医薬品です。
シプラ社は上記でも説明した通り、インドの製薬会社でムンバイに本社を置いています。インドの中でもジェネリック医薬品の製薬会社として筆頭メーカーで、国外で発展途上国に向けたHIVの患者のために低コストで医薬品を製造している大変信頼できる製薬会社です。

LQUINはレボフロキサシンの含有量が250㎎、500㎎、750㎎と3種類あります。クラビリンと同様に、クラミジアや淋病など感染症によって使い分けることができます。

「お薬なび」での最安値価格では

  • 250㎎で1錠あたり85円
  • 500㎎で1錠あたり162円
  • 750㎎で1錠あたり324円

上記の値段で販売されています。

やはり先発薬に比べて大変お得なためお買い求め安くなっています。
250㎎で使用したい場合、ピルカッターがあると500㎎を半分にしたりできるので、大変便利です。

レボクイン

レボクイン

レボクインもLQUINと同じ製薬会社、インドのシプラ社が開発、販売しているクラビットのジェネリック医薬品です。

レボクインはレボフロキサシンの含有量が250㎎、500㎎と2種類あります。
レボクインも他のジェネリック医薬品同様、含有量からその用途を使い分けることができます。

「お薬なび」での最安値価格では

  • 250㎎で1錠あたり94円
  • 500㎎で1錠あたり130円

上記の値段で販売されています。
500㎎での購入が非常に安価なためオススメです。

レボフロックス

レボフロックス

レボフロックスもLQUIN、レボクインと同じ製薬会社、インドのシプラ社が開発、販売しているクラビットのジェネリック医薬品です。

レボフロックスはレボフロキサシンの含有量が250㎎のみ販売されています。

「お薬なび」での最安値価格は

  • 250㎎で1錠あたり31円

上記の価格で販売されていますが、非常に安価なため大変お求めやすいです。

ミノサイクリン

ミノサイクリン

ミノマイシン

ミノマイシンは有効成分ミノサイクリンを主成分とした、抗生物質で、主にクラミジア、マイコプラズマ肺炎、ツツガムシ病、歯周組織炎、中耳炎、副鼻腔炎など様々な細菌による感染症の治療薬として使われています。

ミノマイシンは先発薬で、世界でも大手の製薬会社、ファイザー社が開発、販売を手掛けています。

ミノマイシンの有効成分ミノサイクリンは広域スペクトル性であるテトラサイクリン系の格子柄物質です。
テトラサイクリン系の中では生体内の半減期も長く、脂溶性が高いです。人間だけでなく、動物用の治療薬としても使用されています。

作用はジスロマックと同じ、細菌の増殖に必要なタンパク質を阻害することにより抗菌作用を発揮してくれます。
そのため、タンパク合成阻害薬とも呼ばれています。
様々な細菌に対して有効で、ペニシリン系や、セフェム系の抗生物質では効果がない、クラミジアや、マイコプラズマの感染症に対して有効性があります。

主なジェネリック

様々な細菌による感染症の治療薬として活躍しているミノマイシンですが、ジェネリック医薬品も多数開発、販売されています。
ジェネリックは先発薬と同じ有効成のため、同じ効果や効能です。
通販で購入できるミノマイシンの主なジェネリック医薬品をご紹介します。

ディヴァイン

ディヴァイン

ディヴァインはジェネリック医薬品の精通しているインドの製薬会社シプラ社が、開発販売しているミノマイシンのジェネリック医薬品です。

ディヴァインはミノサイクリンの含有量が50㎎、100㎎と2種類あります。
ディヴァインも他のジェネリック医薬品同様、含有量からその用途を使い分けることができます。

「お薬なび」での最安値価格では

  • 50㎎で1錠あたり113円
  • 100㎎で1錠あたり144円

上記の値段で販売されています。

AKAMIN

AKAMIN

AKAMINはアメリカのマイラン社が開発、販売しているミノマイシンのジェネリック医薬品です。

AKAMINはミノサイクロンの量が50㎎で販売されています。

「お薬なび」での最安値価格では

  • 50㎎で1錠あたり42円

かなりお得な値段で販売されています。

クラリスロマイシン

クラリスロマイシン

クラリス・クラリシッド

クラリスやクラリシッドは有効成分クラリスロマイシンを主成分とした抗生物質です。
有効成分のクラリスロマイシンは1970年代に大正製薬が製薬し、1990年代の初頭にアメリカの製薬会社、アボット社によって販売されるようになりました。
クラリスや、クラリシッドの商品名で販売されていますが、どちらも先発薬となっています。

クラミジアをはじめとした、グラム陽性菌(一部の陰性菌)、マイコプラズマ、マイコバクテリウムなどの感染に対して有効で、多くの細菌により感染症の治療薬として活躍しています。

ジスロマックの有効成分、アジスロマイシンと同じ、マクロライド系の中でも代表的な抗生物質で、エリスロマイシンをを改良し、ニュータイプのマクロライド系のため、ニューマクロライドとも呼ばれています。
細菌の増殖に必要なタンパク質を阻害する働きを持ち、細菌の増殖を防ぎます。

主なジェネリック

クラミジアの他、多くの細菌による感染症に有効なクラリスやクラリシッドですが、ジェネリック医薬品も多数開発、販売されています。

通販で購入できるクラリス・クラリシッドの主なジェネリック医薬品をご紹介します。

ゾクラー

ゾクラー

ゾクラーはインドの大手製薬会社であるシプラ社が開発、販売しているクラリス・クラリシッドのジェネリック医薬品です。

ゾクラーはクラリスロマイシンの含有量が250㎎、500㎎と2種類あります。

「お薬なび」での最安値価格(1錠)では

  • 250㎎で1錠あたり180円
  • 500㎎で1錠あたり270円

上記の値段で販売されています。

250㎎が必要な場合、500㎎をピルカッターで繁盛にすることで、大変お買い求め安くなります。

クラミジア感染を自分で調べるには?

実は、クラミジアは日本で一番感染者が多い性病なのです。
しかし、感染しても症状が出にくく、特に女性は感染してることに気づきにくい性病なのです。
そのため、クラミジアに感染していてもそのまま放置し、そしてそれがまた他の人へと感染してしまうという、負のスパイラルに陥っているのです。
風俗でも、性病の感染予防を徹底しているつもりですが、それでも性病を100%完全に防ぐことは難しいのです。

しかし、もしかしてクラミジア感染したかも??と思っても毎回病院へ行くのは少し面倒ですよね。
それに家族や知り合いにばれては困る…
ということもあります。

クラミジアかもと思ったら病院へ行くことが一番ですが、それが難しい場合オススメなのがクラミジアを自宅で検査するということです。

自宅でできるクラミジア検査方法はいくつかありますが、中には検査機関に送付し、それをインターネットで確かめるという方法もあります。
これはすぐ知ることもできないため、少し不安な期間過ごさなければいけません。

この項目では、自宅でクラミジアをすぐ検査し、その場ですぐ検査結果がわかるクラミジア検査キットをご紹介します。

ストロングステップ 3回分

ストロングステップ 3回分

ストロングステップ3回分は、Liming Bio Products社が販売しているクラミジア専用の検査キットです。
キットに含まれている綿棒で検体を摂取し、その場ですぐ検査することかできます。
約20分ほどで検査結果が出るため、長い間不安な時間を過ごすこともありません。
日本語での説明書もあるため、使い方が英語で分からないなどの心配もなく、安心して使用することができます。
正確性が高く、3回分もあるため、1度購入することでクラミジアに感染しているかをいつでも知ることができます。

「お薬なび」では
検査キット3回分で、1箱あたり3,150円です。

アイケア・クラミジア検査キット

アイケア・クラミジア検査キット

アイケア・クラミジア検査キットは、JALイノベーション社が販売しているクラミジア専用の検査キットです。
検査機関の送る必要のない検査キットで、検体を採取して検査してから約15分~20分ほどで検査結果が出ます。
医療機関でも扱われているためその正確性は高く、信用して使用することができます。

「お薬なび」では
検査キット1個あたり、2,384円が最安値となっています。

まとめ

性病の検査で病院へ行くのに抵抗がある方などには、通販で購入できるクラミジアの検査キット大変オススメです。
いざという時に助かるので、あらかじめ購入しておくことがオススメです。

クラミジア治療薬を入手する方法

クラミジアの治療薬を購入する場合、病院やクリニックで検査し、それから処方してもらうのが一番ですが、中には難しい方や、煩わしいと考えている方もいらっしゃると思います。
実際に私も何回も病院へ行くのが嫌で、クラミジア治療薬は通販で購入しています。

ではクラミジア治療薬の購入方法について詳しくご紹介します。

病院やクリニック

まず、病院やクリニックでクラミジア治療薬購入する方法です。
通常、病気やケガをすれば一般的には病院へ行く方がほとんどだと思います。

性病は誰でも感染する可能性がある病気です。
そして、重症化する場合もありますので、もしかして性病かもしれない?と感じたら病院へ行くことをオススメします。

しかし、病院やクリニックにもメリットやデメリットがあります。

メリット

まず病院やクリニックでのメリットですが、やっぱり信用や安心性です。
病院やクリニックの先生に診察してもらえるので、安心してクラミジアを治療することができます。
そして、心配なことも相談できるので、不安も解消でき、確実にクラミジアを治療できます。

デメリット

では病院やクリニックでのデメリットですが、他人に性病に感染したことが知られるということです。 病院の先生だけでなく、看護師や受付の人などにもしられるので、男性の先生を目指したとしても女性に顔を見られる場合もあります。
そして、田舎などでは、もし見られたりしたら田舎中で噂になってしまうため、わざわざ遠い病院へ行かなくてはいけないことにもなるのです。
そして忙しい人などは、平日に中々病院へ行くこともできません。
移動や、時間などを考えると病院へ通う時間がもったいないように感じてしまい、放置するという人も中にはいらっしゃるのです。

通販

では続いてのクラミジア治療薬を購入する方法ですが、それは通販です。
クラミジアの治療薬は抗生物質がほとんどですが、病院でしか処方されないのではないか?と思う人も多いようです。
しかし、海外で一般的に販売されている医薬品であれば、個人輸入として海外医薬品サイトなどで購入することができます。
では通販での購入のメリットとデメリットについてご紹介します。

メリット

まずメリットですが、病院へ行かなくてもいいということです。
自宅にいながら、病院で処方されているものと同じクラミジア治療薬を手に入れることができるので大変便利です。

誰にも知られずにクラミジアを治療することができるので、風俗通いや不倫がパートナーにばれることもありません。
事前に購入しておくことで、いざという時にすぐクラミジア治療薬を使用することができます。

中には保険で処方されるよりも、安価な値段で販売されているジェネリック医薬品もあります。
病院でかかるお金が心配な方は、ジェネリックを通販で購入することでその問題は解決することができます。

デメリット

通販でのデメリットですが、届くまでに時間がかかるということです。
海外からの発送なので、届くまでに1週間~2週間ほどかかってしまいます。
今すぐに、クラミジアの治療薬が欲しいという場合は、病院へ行くことをオススメします。

通販の注意点

通販でクラミジア治療薬を購入する場合の注意点ですが、あくまでも個人で使用する場合のみ購入できるということです。
ジスロマックなどは日本では処方薬扱いですので、国内の通販サイトでは販売されていません。
海外から個人で使用する場合に限り、通販で購入することが認められているのです。
そのため、通販で購入した、ジスロマックのジェネリックなどを、誰かに販売したりあげることはできません。
これは違法になるので、必ず守りましょう。

安心して購入できるサイト

私がオススメする安心して購入できるサイトをご紹介します。

海外からの購入となると、中には偽物があるのではないか?と心配する人もいます。
確かにバイアグラなどのED治療薬は、国内での処方がかなり高額なため、通販での需要が高いので残念ながら偽物もあるそうです。

私が使用している「お薬なび」は、日本語での電話注文もできるため非常に安心して使用することができます。
メール連絡のみですと、不安なこともすぐ返信がもらえるわけでもなく、不安になります。
その点お薬なびですと、すぐ電話連絡ができるため、信用できます。

医薬品の扱い数も多く、リピーターの数も多い、「お薬なび」クラミジアを治療薬を購入する際に大変オススメです。

まとめ

クラミジア治療薬の購入方法は2パターンありますが、自分に合った方法を選ぶことができます。
副作用など不安な場合は病院へ行くことをお勧めしますし、一度使用したことある薬などであれば、お薬なびでの通販がオススメです。

管理人プロフィール

最後までお読みいただきありがとうございます!!
私は当サイト管理人のバンジー中田です。

バンジージャンプが大好きで、世界のバンジーを旅行先で狂ったように体験しています。(この話はまた別で…)

ここでは皆さんが知りたいであろう、私のプロフィールや当サイトオープンの経緯などをご紹介します。

経歴

冒頭で、私は元風俗店店長だったと説明しましたが、実は好きでなったわけではありません。

元々風俗が好きで、仕事が終わったら風俗か、パチンコに行くかの日々を繰り返していました。
パチンコで勝ったら、いい風俗に行く…みたいな クソみたいな生活ばかり送っていたわけですね(笑)

実はこう見えて、バツイチなのです。
職場の女の子と不倫してしまい、それがバレて、職場と奥さんを一気に失ってしまいました…
(奥さんが乗り込んできた…修羅場)

そして、なぜか紹介で風俗で働くことになり、店長までやってたのです。
風俗って面白いですよ。

サイトオープンに至った経緯

では、なんで私がこのサイトをオープンしたのかについてご説明しますと、風俗で働いていた時に女の子がクラミジアに感染することが多かったんですね。
クラミジアって口だけでも感染しますからね…

そして言い出せなくて、病院に行かない女の子もいて困りました…
中にはクラミジア治療薬をネットで買ったら偽物だったなんてこともあったみたいで。

私もネットで性病の薬や、バイアグラを買っていたので、みんな安心して購入できるサイトをご紹介したいなと、そしてクラミジア治療薬はネットでも通販できるんだよというのを声に出して紹介したかったからです。

病院へ行くのが一番なんだけど、そういうのが難しい人には性病の薬がネットで買えるっていうことを知ってもらいたいです。

このサイトで伝えたいこと

最後に、クラミジアは簡単に何回も感染する性病です。
しかも厄介なことに、症状がでにくく、感染していることに気づかない人もたくさんいます。

放置することで、感染を拡大したり、症状が重くなったり、そしてHIVなどほかに性病に感染する確率も一気に上がります。

薬を飲むだけで、クラミジアは簡単に治療することができます。
遅かった…なんて怖いことになる前にクラミジアは必ず治療しましょう。

TOPへ
戻る