スポット詳細

現在の検索条件

梅の木公園
(ウメノキコウエン)
このページを印刷する

難波津に 咲くやこの花冬ごもり 今は春べと 咲くやこの花(古今集)

公園内の梅林では、白梅・紅梅など約40本が、例年2月上旬頃から見頃になります。
この公園周辺の「難波・西難波・東難波」は今に残る尼崎の地名。その昔、尼崎は難波(なには)と呼ばれていました。「難波の梅」の故事には仁徳天皇(5世紀前半)が、尼崎の梅の銘木を御所(高津宮)に移したところ、尼崎を向いた枝だけに花をつけたので、「梅にも心があって故郷が恋しいことだろう」と元の場所に戻すと、すべての枝にいっぱいの枝をつけた、とあるそうです。

梅の木公園

ジャンル レジャー>自然>公園・遊歩道
エリア 阪神尼崎・出屋敷
最寄駅 阪神出屋敷
住所 兵庫県尼崎市西難波町5-162
アクセス 阪神バス「西難波南」を東へ徒歩約4分
駐車場 なし
備考 【あまらぶスタッフメモ】
公園からすぐ西側の方向にコンビニがあります。

[PR広告]

  • 尼崎市
  • あまらぶfacebook
  • あまらぶアートラボ A-Lab
  • あにあん倶楽部
  • 小林可夢偉 Kamui Kobayashi Official Site
  • メイドインアマガサキショップ
  • 市民活動の広場あまがさき
  • あまかんブログ
  • あまかんのつぶやき

ページの先頭に戻る